スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(作)ゲェーッ!

先週の金曜日が会社の新年会でして、
臨席となった中国人インターンの高さんと三国志の話で大盛り上がり。

かとう「趙雲! 私 趙雲 好き。 ナーイスガイ!」
高さん「チョウン ちゅごくでも 人気あります。蜀武将 皆人気」
かとう「蜀? 魏は?」
高さん「魏は一番嫌われ者。悪くて強いライバル。
     蜀一番人気。孔明一番人気」
かとう「おーう、孔明! ジャーン! ジャーン! ジャーン!」

……とまぁ、ほぼ脚色無しのこんな会話でした。
いやー、しかし中国でも蜀が人気だったんですねぇ。

「日本では演義効果で蜀の人気が高いが、
中国では、歴史上の覇者(厳密には違いますが)である魏が人気」

と、どこぞで聞いた事がある気がしていたのですが……
いやいやなんとも、殆ど日本と同じみたいでした。

別件ですが、かとうは新年会の後、日を跨いで残業でした^q^

カトゥー

■拍手返信
>ミヤシロさん
ややや、なんだかんだでいざ働き出すと、気合がみなぎっていますw
今年は業界内でも生き残りをかけた淘汰の年になりそうなのですよ。
うっし、やるっつぇ!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。